ケール青汁とは?

青汁で定番となっている原料はといえば、もちろんケールだと言っていいでしょう。ケールは野菜の中でも特に生命力が強いとされてりうもののひとつで、一年中栽培できるとも言われていて、栄養面でも優秀な野菜です。そのため、比較的安価で利用することができることから、青汁の原料として非常に重宝されています。

 

家庭料理ではあまり見かける機会はないと思いますが、食べてみると独特の香りや苦味があります。青汁として飲むのが一番美味しい摂取方法といえるかもしれません。

 

ケールは良質な栄養を含むため、野菜の栄養価を丸ごと摂取する青汁の原料として最適です。どのような栄養素があるかといえば、ビタミンA、カルシウム、GABA、食物繊維、葉酸、クロロフィル、たんぱく質、ミネラルと非常にバラエティに富んでいます。しかも微量ではなく豊富に含んでいるので、体調の改善効果も高いのです。

 

生活習慣病や骨、神経などの改善に非常に高い効果を発揮し、免疫力を高めたり、抗酸化作用によってアンチエイジング効果をもたらしたりと非常に嬉しい効果がいっぱいです。生活習慣病全般へも有効とされていますから、非常にありがたいですよね。

 

特に抗酸化ビタミンとされるビタミンACEを豊富に含むため、体内における活性酸素の影響を最小限にする効果が認められます。また、食物繊維も豊富なので、糖質の吸収を抑えて血糖値の急激な上昇を防ぐ効果もあるとされています。美容や健康のために青汁を飲むなら、間違いのない原料のひとつといえるでしょう。

 

>>血糖値を下げる青汁は?人気第1位は?