桑の葉青汁の効果

青汁の原料としても使われることの多い桑の葉ですが、昔から日本各地では桑の葉はお茶として飲む習慣もあったり、葉だけでなく枝や根の皮、実なども漢方薬として利用されてきました。

 

桑の葉は薬草としても有名で、漢方の世界では副作用も少ない生薬として利用されます。桑の葉にはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCといったビタミンや、鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル、その他にもフラボノイドやカロテン、食物繊維、γアミノ酪酸などが含まれています。こういったビタミン・ミネラル、そしてその他成分は体の調子を整えるための効果が非常に高く、最近の研究で昔から桑の葉が大事に用いられてきたことに科学的な説明が加えられるようになっています。

 

生活習慣病の中でも、特に糖尿病の予防や改善に関して非常に効果がたかく、デオキシノジリマイシンという特有の成分が糖分の吸収を防ぐ作用を持っているため、血糖値の上昇を抑える効果が高いとされています。また、インスリンの分泌を促すので、上がってしまった血糖値を下げる効果も高いです。

 

桑の葉には食物繊維も豊富で、腸から余計な糖質や脂質を吸収しないように作用します。便通も促されて、体の代謝を向上させてダイエット効果や、全身の免疫力を高める効果も期待できます。

 

いろんな健康効果が期待できる桑の葉ですが、やはり生活習慣病、特に糖尿病対策として青汁を飲むなら第一の選択股になるでしょう。

 

>>血糖値を下げる青汁は?人気第1位は?